【Excel】CSVファイルをリアルタイム読み取り

VBAを利用して、随時更新されるcsvファイルをリアルタイムで読み取るプログラムを作成しました。
随時更新される売上データを題材に作成しています。

このエクセルファイルの作り方

①マクロを使えるようにする

マクロを使えるようにする」を参照

②元データとするCSVファイルを用意

③読み取ったCSVを書き込むテーブルを作成

④テーブルの値を集計する任意のピボットグラフを作成

⑤集計開始をするボタンを用意

※ボタンの追加方法は「以前の記事」を参考

⑥マクロを作成する

ボタン配置時の以下の画面で「マクロ名」を「Addup_Click」として「新規作成」を押す

⑤「Microsoft Visual Basic for Applications」にて以下のコードを記載

必要に応じて「★」のついた箇所を変更

Sub Addup_Click()
    Call ReadCSV
End Sub

Function ReadCSV()
    '★読み込み対象ファイルの絶対パスを指定
    Dim filePass  As String: filePass = "C:\SalesData.csv"
    '★書き込みを開始する行・列を指定
    Dim startRow As Integer: startRow = 2
    Dim startCol As Integer: startCol = 1
    '★定期実行する間隔を指定
    Dim waitSec As Single: waitSec = 5
    
    Dim targetRow As Integer: targetRow = startRow
    Dim targetCol As Integer: targetCol = startCol
    Dim rowBuf  As String
    Dim cellBufList As Variant
    
    Open filePass For Input As #1
    
    '全行読み込み終わるまで繰り返し
    Do Until EOF(1)
        '1行読み込み
        Line Input #1, rowBuf
        '読みこんだ1行をカンマで区切り配列化
        cellBufList = Split(rowBuf, ",")
    
        '配列分繰り返し
        For Each cellBuf In cellBufList
            Cells(targetRow, targetCol).Value = cellBuf
            '次の列へ
            targetCol = targetCol + 1
        Next cellBuf
        
        '次の行へ
        targetCol = startCol
        targetRow = targetRow + 1
    Loop
    Close #1
    
    'ピボットテーブルの更新
    Dim pvt As PivotTable

    For Each pvt In ActiveSheet.PivotTables
        pvt.PivotCache.Refresh
    Next
    
    '待機処理
    Dim Tm As Single
    Tm = Timer
    
    Do
        DoEvents
    Loop Until Timer > Tm + waitSec
    
    '再帰
    Call ReadCSV
    
End Function

【Excel】足し算の問題を作る

①UserFormの作成

②各ボタン押下時の処理を記載
※例外処理は省略

○「出題!」ボタン押下時のソース

Private Sub CommandButton1_Click()
'「出題!」ボタン押下時の処理

'一つ目のラベルに乱数をセット(1~9)
Label1.Caption = Str(Int(9 * Rnd + 1))

'二つ目のラベルに乱数をセット(1~9)
Label2.Caption = Str(Int(9 * Rnd + 1))

'回答入力欄にフォーカスセット
TextBox1.SetFocus

'正解判定ラベルを空に
Label3.Caption = ""

End Sub<span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; width: 0px; overflow: hidden; line-height: 0;" class="mce_SELRES_start"></span>

○「採点!」ボタン押下時のソース

Private Sub CommandButton2_Click()
'「採点!」ボタン押下時の処理

'正解なら「〇」不正解なら「×」を表示
If (Val(Label1.Caption) + Val(Label2.Caption) = TextBox1.Text) Then
Label3.Caption = "○"
Else
Label3.Caption = "×"
End If

End Sub

【Excel】印刷設定画面を起動する(初期値を指定する)

まずは印刷設定画面を起動する」を参照

「Application.Dialogs(xlDialogPrint).Show」メソッドに以下の引数を渡すことで初期値を設定可能

arg1 = 印刷範囲(1:すべて、2:ページ指定)
arg2 = 開始
arg3 = 終了
arg4 = 部数
arg5 = 簡易印刷(0:しない、1:する) ※1:するにした場合は罫線などが表示されない
arg6 = 印刷プレビュー(Excel5以降のVBAの場合機能しません。代わりにxlDialogPrintPreviewダイアログを使用してください。)
arg7 = メモ印刷(1:シートとセルの値のみ、2:コメントも
arg8 = カラー印刷※Mac用
arg9 = 紙送り(1:連続紙カセット用、2:カットシートまたは手動フィード)※Mac用
arg10 = 印刷品質(dpi)
arg11 = 縦方向の解像度(dpi)
arg12 = 印刷対象(1:選択した部分、2:ブック全体、3:選択したシート、4:テーブル)
arg13 = プリンタ名
arg14 = ファイルへ出力(False:チェックOFF、True:チェックON)
arg15 = 部単位で印刷(False:チェックOFF、True:チェックON)

●ソースコード(実装例) ※設定不要な部分は省略可

Sub 印刷ダイアログ()
Application.Dialogs(xlDialogPrint).Show _
Arg1:=2, _
Arg2:=1, _
Arg3:=2, _
Arg4:=5, _
Arg5:=0, _
Arg6:=False, _
Arg7:=2, _
Arg8:=1, _
Arg9:=1, _
Arg10:=600, _
Arg11:=600, _
Arg12:=3, _
Arg13:="Microsoft Print to PDF", _
Arg14:=True, _
Arg15:=False
End Sub

【Excel】生年月日から年齢を表示する

①生年月日(和暦)列の書式を「[$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”」にする

②生年月日(和暦)列に「=IF(C3<>””,C3,””)」と入力
※C3が空でなければC3を表示します
※フィルハンドルで生年月日(和暦)列の全ての行に適用します

③年齢列に「=IF(C3<>””,DATEDIF(C3,TODAY(),”Y”),””)」と入力
※C3が空でなければC3から今日まで満年齢を表示します
※フィルハンドルで年齢列の全ての行に適用します

メモ
[IF関数の書式]
=IF(論理式, [真の場合], [偽の場合])

[DATEIF関数の書式]
=DATEDIF(開始日,終了日,単位)