【Excel】特定のセルへ一発でジャンプ

「Excel資料の1,000行目を見てください。」と言われたときにスクロールして1,000行目を探すのは面倒ですよね。

今日は一発で特定の行(セル)へジャンプする方法を紹介します。

動画で見る

画像で見る

まずは「Ctrl + G」を押すことで↑の画面になるので、
「参照先」に移動したいセルを入力します。(列名と行番号を続けて入力)
「OK」を押すと、指定したセルが選択された状態となります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
「Ctrl + G」はExcel以外のアプリでも使えることが多いショートカットキーです。
是非使ってみましょう!

【Excel】メールを自動作成する

Excelで情報共有しており、Excelに追記した内容をメールで共有するケースがあるかと思います。

面倒なメール作成を自動でできるようにしてみました。
件名やメール本文は微調整してご利用ください。

このエクセルファイルの作り方

①マクロを使えるようにする
マクロを使えるようにする」を参照

②ボタンを配置する
 ※ ボタンの配置方法は「表を複数の条件で絞り込む②」を参照

③ボタン配置時の以下の画面で「マクロ名」を「CreateEmail」として「新規作成」を押す

④ 「Microsoft Visual Basic for Applications」にて以下のコードを記載

Sub CreateEmail()
Dim oApp       As Object
Dim objMAIL    As Object
Dim messageList(1) As String
Dim n          As Long
Dim fullName As String
Dim firstName As String

On Error Resume Next
Set oApp = GetObject(, "Outlook.Application")
On Error GoTo 0
If oApp Is Nothing Then
Set oApp = CreateObject("Outlook.Application")
oApp.GetNamespace("MAPI").GetDefaultFolder(6).display
End If

fullName = Application.UserName
firstName = Mid(fullName, 1, InStr(fullName, " ") - 1)

Set objMAIL = oApp.CreateItem(0)
'メールに載せるメッセージ本文'
messageList(0) = "お疲れ様です。" & firstName & "です。" & vbCrLf & vbCrLf & _
"共有ファイルNo." & Cells(3, 3).Value & "に追記を行いました。" & vbCrLf & _
"タイミングを見てご確認ください。" & vbCrLf & vbCrLf & _
"<\ShareServer\メールを自動作成する.xlsm>" &amp; vbCrLf

messageList(1) = vbCrLf &amp; "     以上、宜しくお願い致します。"

Dim adress As String
Dim i As Long
For i = 1 To 50

adress = adress + ThisWorkbook.Worksheets("宛先").Cells(i + 1, 2).Value
adress = adress + " ;"

Next i

objMAIL.To = adress
'件名'
objMAIL.Subject = "共有ファイルNo." &amp; Cells(3, 3).Value &amp; "を追加しました"
objMAIL.BodyFormat = 2 'HTML形式
objMAIL.Body = messageList(0) &amp; messageList(1)
objMAIL.display

n = Len(messageList(0))
ActiveSheet.Range(Cells(Cells(3, 3) + 5, 2), Cells(Cells(3, 3) + 5, 5)).Copy
oApp.ActiveInspector.WordEditor.Range(n, n).Paste
Application.CutCopyMode = False

Set objMAIL = Nothing
Set oApp = Nothing
End Sub

【Excel】QRコードを一括作成する

「Google Charts API」を利用して、URL等を一括でQRコードにするプログラムを作成します。
商品パッケージやパンフレットなどへの添付にご活用ください。

このエクセルファイルの作り方

①マクロを使えるようにする
マクロを使えるようにする」を参照

②URL、QRコードの表を作成

③ボタン配置時の以下の画面で「マクロ名」を「CreateQrcode」として「新規作成」を押す

④Microsoft Visual Basic for Applications」にて以下のコードを記載

Sub CreateQrcode()
    '開始行
    Dim firstRow As Long: firstRow = 3
    '最終行の取得
    Dim lastRow As Long: lastRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

    'firstRow~lastRowまで繰り返し(途中エラーが出た場合も止めずに最後まで処理)
    On Error Resume Next
        For i = firstRow To lastRow

            'QRコード表示セルの高さなどを調整
            With Cells(i, "B")
                .RowHeight = 65
                .VerticalAlignment = xlTop '上詰め
            End With

            'GoogleAPIでQRコードを作成
            Set qr = ActiveSheet.Pictures _
                    .Insert("http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&amp;amp;amp;amp;amp;chs=80x80&amp;amp;amp;amp;amp;chl=" _
                            + Cells(i, "A").Value)

            'QRコードの表示位置を指定
            With qr
                .Top = Cells(i, "B").Top + 2
                .Left = Cells(i, "B").Left + 2
            End With
        Next i
    On Error GoTo 0
End Sub